JUGEMテーマ:人生論

 

 

SLEのフレアを減らすために、ボルテゾミブが有用であるという報告が増えてきている。

 

ボルテゾミブは商品名ベルケイドといい、プロテアソーム阻害薬である。多発性骨髄腫、原発性マクログロブリン血症、リンパ形質細胞リンパ腫というIgG, IgMが増加する形質細胞増殖性疾患に適応がある。また、マントル細胞リンパ腫にも用いられる。

 

SLEはポリクローナルにIgGが増加する疾患であるが、ボルテゾミブによって、IgG産生源である骨髄にいる形質細胞をたたくことを目指している。

 

Mod Rheumatol. 2018 Nov;28(6):986-992.  PMID: 29363990

Multicenter double-blind randomized controlled trial to evaluate the effectiveness and safety of bortezomib as a treatment for refractory systemic lupus erythematosus.

 

Ann Rheum Dis. 2015 Jul;74(7):1474-8.  PMID: 25710470

The proteasome inhibitior bortezomib depletes plasma cells and ameliorates clinical manifestations of refractory systemic lupus erythematosus.

 

 

 

 

半消化態栄養剤の一つで、「経腸用」で経口でも経管投与でも良い。

エレンタールのようなアミノ酸レベルに分解された成分栄養剤、ツインラインのようなペプチドレベルに分解された消化態栄養剤に対して、半消化態栄養剤は蛋白質レベルとなっており、消化ができることが前提になる。

 

イノラスは脂質を抑え、蛋白質を増やし、水分も抑えめにして、1mLあたり1.6kcal、1袋187.5mL=300kcalを摂取できる。消化と腎機能の保たれた高齢者に良いと思われる。「ヨーグルト味」と「りんご味」がある。

 

嚥下の低下した高齢者でこそ効果を発揮する。

とろみをつけることで、安全性を高める。

例えば、イノラス100mLあたり、トロミアップパーフェクト1gを加えてよく撹拌し、10分ほど静置するととろみが安定する。

 

誤嚥性肺炎を繰り返す高齢者にも効果的な栄養療法を行っていきたい。

 

骨粗鬆症に対して、非常に有効な薬剤である。

食道炎と顎骨壊死に注意しながら用いる。

様々な種類があり、投与方法と投与間隔が異なる。

 

アレンドロン酸(ボナロン®、フォサマック®)とリセドロン酸(ベネット®、アクトネル®)は、骨粗鬆症治療薬の中で大腿骨近位部骨折に対する骨折発生抑制効果が認められている数少ない薬剤である。認められているのは、これらの他には、デノスマブ(プラリア®)くらいである。

 

一般名 商品名 投与方法・間隔
リセドロン酸

ベネット、アクトネル

2.5mg 1T1X 毎日

17.5mg 1T1X 週1回

75mg 1T1X 月1回

アレンドロン酸 ボナロン、フォサマック

5mg 1T1X 毎日

35mg 1T1X 週1回

ミノドロン酸 リカルボン、ボノテオ

1mg 1T1X 毎日

50mg 1T1X 月1回

イバンドロン酸 ボンビバ

100mg 1T1X 月1回

1mg div 月1回

ゾレドロン酸 リクラスト 5mg div 年1回

 

JUGEMテーマ:人生論

 

飛行機に乗ることが好きだ。

北海道から東京へひとっ飛びして、膠原病を学んでいる。

膠原病(こうげんびょう)は「骨とその周囲の軟部組織、関節」を扱う内科学の一分野である。

山に登ってかかる病気かと思ったという患者さんがいらっしゃったが、そう思うのも無理もない。

自分が医療に染まっていることに気付かされ、はっとした。

 

膠原病を軸に

総合内科と救急学の基礎を身につけて

困っている患者と家族、そして同僚・医療仲間の力になりたいと思う。

 

image
 

1

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM